THE 広島東洋カープ

広島東洋カープの2chまとめ特化サイトです!広島東洋カープファンの方々へ有益な情報を発信してきたいと思います。

    長野

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: かばほ~るφ ★ 2019/02/08(金) 09:11:45.56 ID:I6Wt07z49
    北別府氏、律儀な広島・長野に感激「知っててくれて、ありがとう」
    2019.02.07.

    広島球団初の200勝投手で野球解説者の北別府学氏が7日、自身のブログを更新。
    広島の日南キャンプを訪れて、巨人から人的補償で新加入した長野久義外野手と対面したことを明かした。

    北別府氏は「長野選手」とのタイトルで、
    「ちょこっとだけ自己紹介をしました」と初対面だったことを明かした。

    キャンプでは時ならぬ“長野フィーバー”が巻き起こっているとあって、
    「実はあまりにも注目されていて大変だろうなと、そっと見守るのが良いかなと思っていたのですが」
    と当初は、言葉を交わすつもりはなかったそう。

    ところが、「気づいてくれて直ぐに挨拶に来てくれました」と長野の方から声を掛けてきたという。
    「知っててくれて、ありがとう」と、その律儀な性格に感激していた。

    ちなみに北別府氏といえば、1月にテレビ出演した広島・岡田明丈投手が
    「球場にOBが来られている時も全然分からない」と衝撃の告白し、
    北別府氏の写真を見ても名前を言い当てらなかったことを後で知り、
    「もしかしてだけど、誰かわからず話をしていた?」と、その“天然”ぶりにビックリしていた。

    デイリースポーツ on line
    https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2019/02/07/0012047137.shtml


    引用元: ・【野球】北別府氏、律儀な広島・長野に感激「知っててくれて、ありがとう」

    【【野球】北別府氏、律儀な広島・長野に感激「知っててくれて、ありがとう」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2019/02/07(木) 20:14:15.84 ID:56V6R+6p0
    広島長野久義外野手(34)は7日、宮崎・日南キャンプ第2クール最終日のロングティーを取りやめた。

    緒方監督は「若手と一緒にフルメニューこなせとは言ってないし、今の状態からしっかりと1段階ずつ上げていけるようにやってくれればいい。何の不安もない」と説明。
    9日以降のメニューについても「打撃コーチと長野と話しながらの部分でいいと言っている」と話した。
     
     

    心機一転する事なくこのまま衰えて終わりそう

    引用元: ・【悲報】長野久義さん、やっぱりカープの練習についていけない

    【【悲報】長野久義さん、やっぱりカープの練習についていけない 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@おーぷん 2019/02/06(水)13:12:00 ID:BO3
    .225 1 12

    引用元: ・【開幕前予想】広島東洋カープ長野が今年残しそうな成績

    【【開幕前予想】広島東洋カープ長野が今年残しそうな成績】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2019/02/05(火) 19:47:51.85 ID:kgKDcr7/0
    前だけを見据えて
    新たなステージで
    強靭な敵に今
    立ち向かえ長野

    引用元: ・【悲報】広島長野の応援歌、ダサい

    【【悲報】広島長野の応援歌、ダサい 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2019/02/04(月) 10:25:31.48 ID:jnx7lAtT0
    広島春季キャンプ(3日、宮崎・日南)巨人へフリーエージェント(FA)移籍した丸佳浩外野手(29)の人的補償として
    広島に加入した長野久義外野手(34)が3日、今キャンプで初めて打撃ローテーションに参加。広島名物の「12カ所打撃」を体験し、およそ700スイング。
    「バテました。最後のロングティーはつかれました」と苦笑いを浮かべながらも、仕上がりの早さを強調した。


     ピチピチとした鯉ナインに混じり、長野がバットを振って、振って、振りまくった。第1クールの最終日に待っていたのが打撃ローテーション。
    “赤ヘル式”700スイングの洗礼を食らった。

     「バテました。最後のロングティーは疲れましたね。
    (広島の練習は)いろいろな種類があった。いい練習ができました」

     これまでの2日間はランチタイム中の特打だけだった。
    この日から“特権”を奪われ、30歳の下水流、22歳のD6位・正随優弥外野手(亜大)と同組に…。

     トス、連続ティー打撃などの後、待っていたのは締めのロングティーだった。ホームベース側に立った打者が約200球を間髪入れずにバックスクリーンへ向かって打つ。鈴木やバティスタはうなり声をあげ、ブンブンと振りまくっていた。

     長野は140球を過ぎたあたりから、少し打っては腰に手を当てて、ひと休み…。
    別の選手にトスを上げていた東出打撃コーチから「アイツ休憩が多い」とツッコミを入れられつつも、218球を最後までやりきった。

    https://www.sanspo.com/baseball/amp/20190204/car19020405030001-a.html

    引用元: ・広島東洋の長野、バテバテ…限界“振り切った”700スイングも東出コーチから厳しいツッコミ

    【広島東洋の長野、バテバテ…限界“振り切った”700スイングも東出コーチから厳しいツッコミ 】の続きを読む

    このページのトップヘ